8月14日(土) ブログ再開いたします(^^;)

読んでくださってる皆さん、こんばんわ。

ブログ再開いたします。

ふがいない結果でした、申し訳ありません。

全力で闘いましたし、悔いはありません。

勝てればもっと良かったですが、志、叶いませんでした。

 

今日はお盆の準備と対応で1日終わりました。

昨日新盆のあいさつ回りにうかがってきましたが、

暖かい励ましの言葉ばかり頂ました。

 

今後も私は長野をより良くしたいと願い続けますし、

その活動を続けてまいります。

教育県「ながの」の復活、長野県経済の活性化、県土国土の保全、交通安全社会長野の実現。

 

私の生がある限り、このために活動を続けます。

応援いただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

8月4日(水) おお、残り3日! 行くぜ!!

今日も暑かったですね。

これがいいんだな、この暑さが。戦ってる感じがします。

今日は先輩や仲間が延べ人数で16人入れ替わり

立ち代りで選挙カーと伴走車に乗り込んで

お手伝いしてくれました。感謝!でっけぇ借りが、またしても出来ました。

 

ウグイスのY姉さんから、

「感謝の言葉に過去形はない!」

「しゃべった内容ちゃんと記録して、必ず違うことを伝えるように!」

おおお、おっしゃるとおり。さすがサラブレッド。

父上が市会議員6期、親戚には県会議員が2人だとか。ハイ、直します!

 

昨日も、しゃべった「原稿」を掲っけましたが、

あらかじめ作ったものではありません。

現場で、「これしゃべろう」と、都度新しい情報を乗っけて行きます。

 

なので、すみません、ほとんどアドリブです。

ということは、リピート不可能っちゅうこと?

 

さすがにのどが枯れてきました。

のど飴なめときます。

 

今日の後輩の一言。

「矢澤さん、走れるんじゃないですか!」

うるさい。

 

明日も全力疾走だぜ!皆さん、宜しくサポート頼みます!

感謝!!

8月3日(火) 5日目。あと4日!!

今日もがんばりました。

顔が日に焼けて痛いです。

 

当然スーツです。曲げません。

事務所のKさんが、「汗臭いといけないから・・・」

ジバンシーの香水をプレゼントくださいました。

ジバンシーと自慢しーは誤変換です。

 

ペースになれたんですかね。

いたって快調です。

今日は朝7:30から辻立ちでご挨拶。

ひたすら「おはようございます!」 で、反応うすいなぁー

と思ってたら、「みんな手をふってくれてますよ?」

ああ、頭下げてるから、見えないんだ。良かった(^^)

 

先輩や青年会議所の仲間に、本当に世話になって

感謝するばかりです。

 

信頼できる仲間がいるのって、本当に心強いです。

 

今日の締めは、豊丘の神社の少し高台から。

 

夕焼を眺めながら以下の演説です。

 

「みなさん、もっといい長野に、もっと素晴らしい長野に

暮らして行こうじゃありませんか。

このまちは、本当に美しい。

山も、川も、空も。そして何より、ここに暮らす人間が美しい。

今日の夕日も、四季を彩る自然も。1日だって、同じ日はないですよ。

今日も稲の穂が出て、夏が進んでいると感じます。

 

足りないモノは一杯あります。

欲しいモノもたくさんある。

だけど、ここには、美しいものがいっぱいある。

ないものを探してねだるんじゃなく、

今ここある素晴らしいものを、大切にしていきましょう。

私は、長野に生きるすべての人が、幸せに、豊かに生きていける

ように、政治や行政を変えていきます。

それが、県会議員に立候補した理由です。

それが、矢澤文建の約束です。」

 

 

8月2日(月) 4日目も絶好調(^^)

実質的には折り返し点。

今日も全力で走ってまいりました。

「早口で、話が聞き取れん」という苦情があり、

ゆっくり話をするよう心がけました。調子こいて、がんばりすぎましたか。

 

阿智村を中心に今日はがんばりました。

日曜日にお祭りを見学しましたが、盛大なお祭りで

楽しそうでした。何よりもパワーがある。勢いが違う。

いいなぁと思いながら、今日のご挨拶を。

もう子供たちが夏休みなので、色んなところから手を振ってくれたり。

 

帰ってきて喬木の富田、氏乗。大和知までいったら、

えらく皆さんに声をかけていただきました。

「暑いから、むりしちゃだめだよ」

と、おばあちゃんたちに心配されて。がんばります。

 

んで、本日の締めは高森。

なぜ、県会議員になるのか。

県会議員になって、何をするのか。そのお話をさせていただきました。

 

皆さんに、伝わればいいと思います。

普通に生活している一人ひとりが、何かに気がつかなきゃいけない。

そんな時代に差し掛かってます。

「あっ、そうか」と、気付いてもらえればこの戦いは成功です。

 

これまでの演説の原稿は最終日にすべて掲載いたします。

 

明日は朝通勤の皆さんにご挨拶からです。

 

8月1日(日) 3日目。いい感じ(^^)

今日は朝大鹿村からスタートいたしました。

沿道に何人も演説を聞いてくれる人がいてくださって、

うれしかったです!

やっぱり反応があると、ボルテージが上がります!

 

なんか、お子さんたちに人気があるのかしら、

スンごい勢いで駆けつけてくれたり、

恥ずかしそうに手を振ってくれたり。

みんな握手してもらって、「おいちゃんがんばるからね」

と、気分も新たに遊説に向かっていきます。

午前中のテンポのよさが、1日継続していきました。

リズムがいいと、すごく物事が進む感じです。

Kさんに、Mさんにほんとうに感謝。

 

今日の締めは天龍村で。

夕焼が美しい。ぽつりぽつりと家の明かりが

輝くのが、そこに家庭があって、家族がいることを感じさせます。

 

僕が31歳のころ、(社)飯田青年会議所の事業で、各地の皆さんと

語らう企画がありました。

そのときに出会った、天龍村の女性の方の話。

「私は天龍村で生きていることを誇りに思う。

いまは、みんなで柚べしを作って、本当に毎日充実している。」

ショックでした。

その土地で生きることを選択した力強さ。

自分らしく生きることへの肯定。

生まれた土地への愛情。

31歳当時の僕自身が、酷く未熟であることを実感しました。

今でもお元気でしょうか。

「この長野に生きる!」 僕のスローガンのこの言葉は、

この経験から頂いたものです。

初めて明かしますのでだれも知らないでしょうが、

そういう意味で、天龍村には思い入れがあります。

 

今日も良い1日でした。

とても充実した感じです。

サポートしてくれた先輩方、仲間のみんな、事務所スタッフに感謝です。

ありがとうございます。

明日もよろしくお願いいたします!

 

7月31日(土)背広にネクタイは男の身だしなみ。

暑かったですね、

午前中の街宣だけで、もうグロッキー。

新聞記者さんにも仲間にも、

「ポロシャツでいいんじゃないの?」

といわれましたが、やっぱりね。

戦う男の身だしなみは背広にネクタイだし。

 

まちの皆さんの反応は、すごく好意的でした。

うれしい!(^^)

みち沿いで手を振ってくれた皆さんと

ほとんど握手してくれるし、うれしかったです。

 

阿智村のお祭りに参加して、

喬木で〆に入りました。明日も戦いますよ!

 

7月30日(金) 行ってきます!いよいよ初日!

ブログ、再開いたしました!

大変お待たせいたしました(^^;)

弟に立候補届けを提出してもらい、準備完了!

朝九時に事務所前から出陣式。

後援会会長=選挙本部長をお願いした、平野会長から挨拶を頂きました。

そして母に、松本さんに、メッセージを頂きました。

 

今日ポスター貼りに参加してくださった多くの皆さんに、

ありがとうございました!

わくわく信州の皆さん、青年会議所の仲間たち、親戚の皆さん、

阿智から応援に来てくださった皆さん、

会社の皆さん、本当に暑い中、有難うございました。

大きな借りができました。皆さんの助勢に必ず応えます。

 

とにかく、

感謝、感謝の気持ちです。

私は、政治家を志す上で、高潔な志を持った方にお会いしました。

加藤先生然り、矢代さん然り、H師匠、M師匠、富樫師匠・・・。

一期一会(一期=100年、一会=出会い)

短い人生のうちで、出会えるかどうか分からない方との出会いが、

今のわたしを創ってくれています。

でもきょう、そうした出会いが、皆さんの好意によってこそ、

成立することを知りました。

私に関心を持ってくださるからこその出会いなのだと。

 

 

いろんな人が、手を振って、クラクションを鳴らして、応援してくれました。

正直嬉しかったです。(。^ー^。)

だからこそ、期待に応える仕事をしたい。

「いいね!」と、誰もがうなづける仕事を成し遂げたい。

教育県ながのの復活、長野県経済の活性化、県土国土の保全、交通安全社会「ながの」の実現。

約束を果たすべく、

長野をもっともっと、素晴らしいものにしていきます。

 

泰阜村で今日は夕日を眺めながら今日の活動を終えました。

幻想的で、美しい昼と夜の境目がありました。

 

Spesial Thanks!

臼井ちゃん、臼井父上殿、片桐さん、與一郎しゃん、

岩下部長、内田兄貴、まさき兄弟、杉ちゃん、久保田ちゃん、堀ちゃん、姉さん、

高橋さん、酒井さん、森田さん、K先生、青山剛士、持田康弘、

小嶋校長、アジマのみんな、義父さん義母さん、GODmommy

教習所部会の皆さん、Gの会のメンバー一同様、K、J、R、M、T、

名前を記せない4人の仲間、直樹。

更新が遅れてスミマセン(><);

7月4日以降ぜんぜんブログの更新が出来ませんでした!

まもなく再開いたしますので

今しばらくお待ち下さい!

がんばってますです!(^^;)

7月6日(火) 立候補の記者会見

今日、シルクホテルで立候補の記者会見を行いました。

N専務さんには急に手配をしていただき、

感謝するばかりです!(^^;)

いつも出来の悪い後輩で、ご心配掛けます。

 

後援会会長には、

平安堂の平野 稔会長にお力添えいただけることになりました。

本当なら松本さんにも出席いただきたかったのですが、

都合がつかす、応援のメッセージだけとなりました。

 

何日ころの新聞に載るのかな。楽しみです。

 

各記者の皆さんには、突っ込んだ質問をいただけて

うれしかったです。

伝えたいこともあるし、又自分の不勉強に気付かねばいけないとも思います。

 

ただ、今日は、泣けました。

平野会長の、思慮深いお言葉と、励ましの言葉に深く感じ入りました。

私の未熟を思う瞬間もありましたし、

学ぶところが多くありました。

 

企業を背負いながら、こうした活動に身を投じることは、

相当なリスクもありますし、無責任な野次馬のやっかみもあるでしょう。

それでも尚、候補者を励まし、鼓舞して止まない姿に、尊敬を致します。

 

一番大変な、県知事候補の松本さんに\向けられた慈愛深い言葉も、

是非本人に届けたかったです。

 

必ず勝って、

長野に暮らす皆さんの期待に応える成果を

出して行きたいです。決意も誓いも新たに。

 

7月5日(月) 下伊那郡の町と村に

知人を訪ねて、知事候補の松本猛さんと歩き回りました。

松本さんはこちらを回って歩くのは初めての事。

遠くからの来訪に、皆さん快く迎えていただきました。

 

それぞれの立場があって、それぞれの価値観がある。

この長野に暮らすに人の数だけ

課題がある。

 

私たちは、先ず耳を傾けることをしなければいけない。

ひたすら、皆さんの訴えを伺う事をすべきでしょう。

 

現場の、人が生活していす最前線の、生の声を、

きちんと聞き取るリーダーが、今必要でしょう。

 

丁寧に、静かに耳を傾ける松本さんの姿に思うところでした。

7月4日(日)西町上のバーベキュー大会にて。

喬木村の西町上のお組合の、バーベキュー大会。

午後2時より、男衆が薪を熾して準備に。

会場は、例年通り I さん家の車庫にて開催。

といっても、自分が参加するのは初めての事です。

 

そういう催しを、すべて母に任せてきので、

お叱りを受けるかなぁ・・・と思いつつ、行きました。

 

組合長のMさん、バーベキューを盛り上げるべく、

相当準備をされていたのでは。皆さん慣れたもので、

スムーズに準備完了。ころあいを見計らって、奥さんたちや

子供たちが集まります。

 

子供たちがキャーキャーいいながら、

大人も楽しく生ビールで和んで、いい感じ。

 

心配された雨も、日ごろの皆さんの行いがいいのか

空には晴れ間さえ。お日様もしっかり照りだして、

みんな生ビールうまそうだったな。肉もなんかスゲェボリュームだし。

(選挙終わるまで、禁酒中。願掛けで。 ・・・かわいい事いってるな ^^;)

 

そんな中、私が突如県議選に出馬することで、非常に心配掛けてくださっている

I さんと、お話が出来ました。

とても今回の件を気にかけてくれていて、

厳しい言葉の中にも、思いやりを感じました。

 

今日参加のお組合のみなさんが、いやな顔もせずに

普通に対応してくださったことに、感謝します。

 

そこに暮らしている人たちが、大人も子供も、

普通に楽しんでることの素晴らしさを感じます。

お叱りを受けるなんてとんでもないことで、

だれもが励ましや応援の言葉を掛けてくれて。

 

「地元と、同級生を大事にしなさい。君の基盤だよ」

I さんの言葉がしみました。

 

こういう長野が、普通にあることを願います。

そして、そういう長野を、未来に継続していきたいと思います。

7月3日(土) 共に戦ってくれる仲間と。

午前中にサンプルの名刺とプロフィールを届けてもらい、

信頼し尊敬する先輩の下へ。協力者を紹介くださるとの事。

唯々、感謝するばかりです。

 

この無茶な印刷のスケジュールにも、

いやな顔一つせず付き合ってくれるU君にも、感謝です。

 

午後は松本たけし後援会事務所へ。

選挙カーの機材を受け取り、着々と準備を進めています。

 

夜7時から、卒業生の会。遅刻してスンマセン。

なんだか熱く語り合いました。

「俺たちがやってきたことは、遊びじゃない。」

「いまここで、俺たちがやらなきゃ、どうする?」

「もう、俺たちが何とかしなくちゃならんのだよ」

仲間の、強い危機感と、無条件の協力の申し出。

「具体的な指示を待ってる」

といってくれたときには、不覚、涙出てました。

 

自分だけの闘いじゃないと、改めて胸に刻みました。

志を同じくする者が、

未来を賭して力を合わせられるのは、青年の特権ですね。

そういう仲間にめぐり合えた事を、幸せに思います。

7月2日(金) 飯田青年会議所の例会で。

今日は我が飯田JCの例会日。

ファシリテーターの技術を身につけようという趣旨で

研修例会でした。

 

んー、 まぁ、 いいんでしょうけど。

会議など、組織や参加者を合意形成に至らすに、

効率的・効果的に議論を促進させる役割の事を意味しておるのですが・・・。

 

このファシリテーションの技術、

技術を使いこなす事よりも、前提条件を、きちんと確認しとくと

いいかもしれませんね。

技術以前に、会議に参加する人との信頼関係を築いていることが大切です。

 

参加する各メンバーへの貢献意識。

組織への忠誠心、共に成功に向かう情熱、

何よりも、人間に対する寛容さといった、

成熟した人格の持ち主でなければ、務まりませんね。

 

この技術を身につける必要性はなぜか?

なぜ、われわれはこの技術を身に着けるべきかという、

根本の目的を、もっと熱く語ってくれると、

もっと素晴らしい時間になったかな。

7月1日(木) 後援会事務所、準備OK!

今日は会社が社員旅行でお休み。

朝、手まりおにぎりと漬物のおつまみセットをこさえて、

7時の出発のお見送りに。

アサヒがもう暑い。天気でよかったなぁ。

 

その後、後援会事務所の設備や事務用品をそろえに奔走。

NTTさんの工事の方が電話回線の設置に。

暑い中結構な作業量で、2時間弱の労働に。有難うございました。

 

FAXを買いに行って、PCを設置して、プリンター繋げて。

 

候補者がナニにしてんの?

と思われても仕方なし。参議院選挙中のため、現在身動きとれず。

 

5時30分ごろ、平安堂の平野会長と、

わくわく信州の飯田事務所事務局長の高橋さんが

事務所に。今後のスケジュール確認と情勢分析を。

参院選明けの7月12日に向けて、臨戦体制です。

6月30日 下城くんと。

このサイトを作ってくれた

GENOVAの下城君(名古屋支店長)が打ち合わせに来てくれました。

11時30分到着が道路の工事の都合で

12時15分ごろの到着に。

「飯を食いにいこう」ということで、妙金公園近くお蕎麦屋さん「N荘」さんへ。

N荘さんのお料理は滋味にあふれたものがあり、イチ押し。

遠くからお客さんが来るとよく使わせてもらいます。

 

「うまいっすよ、うまイッス」

大げさにリアクションされて、多少いい気分に。

で、よく考えたら、昼飯食べるの久しぶりだということに気がつきました。

忙しくて、ご飯食べるの後回しにしてて、結局食べ忘れてて。

まぁ、もう少し余裕が出来るまでしょうがないなぁ。

 

引き続き下城くんと、午後打ち合わせと、写真撮影を。

飯田市内の有名店を撮影に。お店の皆さんも快くピースサインで

写って下さいました。なんだスゴくかうれしいです。

 

父親の矢澤文夫の事を、少し。

えっーと、

父親の事をあまり書いてないので、少し書いておきます。

平成9年ですから、僕が27から28歳になった年ですかね、

すい臓癌で亡くなりました。享年52歳。矢澤文夫と申しました。

戒名は寛明院和光文哲居士。

 

調子が悪いって、言い始めてから半年でした。

すい臓だから、相当痛いのだろうと思いますが、

親父の場合は、「だるい」「調子が悪い」って言ってるうちに

パタンと、亡くなりました。

 

自由に生きた方だと思っています。

自分でも、太く短く生きる旨の発言をしばしばしておりましたが、

関係の皆さんには色々ご迷惑を掛けてきたんではないでしょうか。

ホ ントに早く死なれちゃうと、大変でした。泣いてる暇がありませんでした。

 

現在、アジマ自動車学校が無事運営できるのは、

父や祖父の代から勤めてくださった職員の皆さんのお陰ですし、

今現在のアジマも、スタッフみんなの誠実な仕事によって支えられています。

 

会社を起業したり、継承したりするのは、それなりの

努力や先見性が必要ですが、

継続していくには、共に働いてくれる社員さんがいてこそです。

その社員さんたちが、誠実で、真面目であること、そういう社員さんをアジマに多く残してくれたことが、

父からの大きな遺産ですね。

 

皆さんのお陰で、ダッシュが利きそう!

母の友人の皆さんが、大変ご心配してくださっているとの事。

実際に私のほうにも励ましの電話や、具体的な

協力のお話をいただけています。スミマセン、不肖の息子で。

 

で、先日、とある地元では有名な会社の社長さんが、

引き回してご挨拶に案内をしてくださいました。

その後の戦いの手順の確認も含め、普通は面倒を嫌がるところ、

快くご指導してくださいました。本当に有難うございます。(^^)

 

知事候補の松本たけしさんを、知人に紹介して歩くのですが、

いざ私がそうした立場になったとき、支援してくださる方の善意を、本当に心強く感じました。

応援してくださる方はもちろんですが、

そうでない方にも、いつか納得していただけるような

仕事内容と、成果を出して、期待に応えようと思います。

 

必ず、良い長野を。

素晴らしい長野を実現します。

 

 

 

後援会事務所が決まりました。

皆さんにご心配を掛け手下りましたが、

後援会事務所が決定いたしましたので

ご報告いたします。

やざわ文建後援会事務所

長野県下伊那郡喬木村1360-1

(県道18号沿い、アジマ自動車学校向かいがわ)

tel 0265-33-7780

fax 0265-33-5226

です!実際の稼動はもう少し先になりそうですが、7月2日からは対応できると思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

6月25日(金) MADDJapanの皆さんと共に

IMG_0061.JPG

今日は、須坂市に在る長野刑務所にて、NPO法人MADDJapan

の皆さんと共に、受刑者の方に更生プログラムを提供してまいりました。

(左から、講師の岩崎悦子さん、香村正雄さん、私です)

MADDとは、Motheres Against Drank Driving

(飲酒運転に抗議する母の会)で、アメリカから始まった、飲酒運転の根絶を掲げる市民活動団体です。

現在、アメリカ国内ではすべての高校生は、MADDが提供する、

飲酒状態、または酩酊状態での運転を禁止する啓蒙教育を受講しています。

 

私は2004年から活動に参加しており、現在も監査役として会員登録されています。

(マッド・ジャパン http://www.maddjapan.org/

 

交通が安全であることが、いかに尊いか。

交通事故やそれによる被害者、加害者、共になんと不幸なことか。

改めて噛み締めました。

 

私は自動車教習所を経営する者として、痛みを覚えます。

 

ここで罪を償っている加害者たちがいる。

重い後遺症と共に生きる被害者がいる。

生命そのものをを奪われた被害者がいるという、

そうした被害者の遺族や家族がいるという、

厳しい現実の前に、

私は痛みを覚えます。

事故を防ぐことは出来なかったのかと。

自動車教習所は、交通事故を防ぐことに役立たなかったのかと。

 

自動車教習所の社会的使命は、成熟した日本社会において、今日では

「交通安全社会を実現する為に、安全運転を実践するドライバーを育成する」

ことであると、私は主張します。

業界全体が、また社会全体が、こうした認識を持つことを望んでいます。

 

MADDJapanは、飯田和代代表の下で活動を続けています。

飯田さんも、飲酒運転という犯罪行為によって、娘さんを奪われた被害者遺族です。

是非サイトをご覧頂き、活動へのご理解と、ご支援をお願いいたします。

 

私たちが生きる長野から、

交通事故がなくなる日が来るように、取り組みます。

 

 

6月24日(木)後援会事務所決まりました。

「やっぱり喬木に事務所がなくてはね。」

と、母親に諭され、自動車学校の向かいに事務所をお借りしました。

まぁ、アクセスはしやすくなってるのかな。

今回の選挙には、非常に寛大に理解を示してくれたものですから、

ご意見には頭が上がりません。GodFataherならぬGodMommy。

おお、がんばらねば。

 

ただ、今回の選挙は、

松本たけし候補者を長野県知事にしてこそ、

長野県の新しい成功パターン、成功モデルを実行できるものと考えています。

わくわく信州飯田事務所との連携が需要になります。

必ず松本さんを知事に押し上げ、

また私も共に県政に参画したく考えています。

 

新しい、より良い長野を築く為の選挙でもあります。

どうか、このブログを読んでくださっている皆さん、

ご自分の権利を行使してください。

長野が成功していく上で、相応しいトップを、

皆さんの手で選んでください。

信頼できない、関心の持てない政党や政治家が多くいるのは確かです。

だからこそ、

皆さんの目で、確かなリーダーを選んでください。

より良い長野を、いっしょに作っていきましょう!

6月23日(火)泰阜まで阿南経由で。

後援会の仲間を募りに、自分が信頼する方の下へ

走り回る今日でした。

夏至は過ぎたものの、午後7時になっても

まだ車のライトは点灯しませんでした。

泰阜から千栄へ向けてのルートで喬木まで。

窓を開けると、空気がとてもすがすがしい。

山々の頂を目線に捉えて走ると、飛んでいるような

気分になります。

明日から参議院選挙が本格化してきます。

 

6月22日(火)雨だったり晴れだったり。

朝から後援会の支援のために飛び回る。

力を借りに頼っていった仲間が、ふたつ返事で「いいよ」と

言ってもらえた時は、本当に涙が出そうになる。

感謝の気持ち。

言い表せないくらい、感動と感謝の気持ちで一杯になる。

「素直に力を貸してあげるよ」といってもらえることが、本当に尊いことだと感じます。

私の戦いは、選挙に勝つことではなく、

「より良い長野」を生涯をかけてつくっていくことだと思っています。

生きていく意味や価値がある長野。

ここで生きていくということの意味を、かみ締めました。

長野で生きたという証しを、

仲間や、家族や、共に長野で生きる人たちとしっかり刻んで行こうと思います。

矢澤君はおセンチだなぁ。

6月21日(月) 松本さんの後援会事務所にて

IMG 0039.JPGのサムネール画像松本市内に在る、松本たけし後援会事務所にて打ち合わせ。

今後の活動の確認と、スケジュール確認。

24日からは参議院選挙が始まる為、色々活動に制約がつきます。

IMG 0047.JPG

スタッフもどんどん日を増すごとに経験値を高めていて、

みんなたくましくなってました。頼もしい限り。

仲間がいることの心強さを感じますね。

7月12日から、猛ダッシュで活動が始まります。

しっかり備えたいと思います。

夏至を越えて、今日の夕焼けはもう夏の雲の向こうにありました。

暗くなる前に地元に到着。

飯田事務所のスタッフとミーティング。

その折に、H会長が、私のことで骨を折ってくださった旨、伺いました。

H会長の男気を感じましたし、その心意気に応えたいと、決意を新たにいたしました。

必ず、長野を成功させたい。

仲間と共に、勝利したいと思います。

6月20日(日)なぜ県会議員に?議員になってどうするの?

わたしは、「県会議員」という職業を、獲得したいのではありません。

 

私のこれからの仕事は、「より良い長野をつくる」ことです。

そのために、議員という立ち位置は、様々に役立てるであろう、というだけです。

議員になったから偉くなったわけでなないし、

議員という役職に憧れているわけでもありません。

 

議員になって、何を成し遂げるか。

長野の為に、どのような成果を実現させるか。

議員は初めてそこで評価されるのだと、私は考えます。

有言実行が誠実さの象徴とするならば、

やはり議員は成果に対して、事前に約束をしなくてはいけないでしょう。

私の約束は、別紙でご覧下さい。

 

皆さんの税金で仕事をさせていただくのが議員です。

議員は、長野県で暮らす人々の期待に応える成果を出すべきなのです。

 

もっと、皆さんは、議員に物申して良いのではないでしょうか。

皆さんのために仕事をするのが議員のはずです。

 

長野を良くするために、相応しい人材を選んでほしいと思います。

皆さんが、選挙で投票することで、

皆さんの力を行使して欲しいと思います。

どうか、皆さんの意思や思いを、ぶつけて欲しいと思います。

 

 

 

6月19日(土) 善光寺にて

わくわく信州の長野事務所にて打ち合わせ。

ほぼ午前中一杯。

昼前に一度解散し、時間があるので善光寺へ参拝に。

 

ダライ・ラマ氏が本日長野で講演とのこと。

境内にチベットの皆さんが砂で描いた曼荼羅はあると聞き、見学に。

美しい。色使いが、日本のセンスでは出来ない原色の艶やかさ。

緑をベースにした曼荼羅、ステキでした。

 

その後、門前町に。Mお師匠さまにご挨拶。

お忙しい中、時間を割いてくれました。

「一歩引いたところから自分を見つめなさい。

そして、自分のやってきたことを、自分の力を、信じなさい。」

心配掛けていたようで、色々お話いただきました。

H師匠も心配しているとの事。

スミマセン。不肖の弟子、がんばります!泣きそう。

6月18日(金) 長野のホテルにて

打ち合わせの為長野のホテルに前泊。

最上階に温泉のあるホテルに宿泊。その浴場でのこと。

ロッカーに鍵がかかるタイプで、いざ服を脱いで鍵をかけようと・・・。

あれ?鍵がかからない。というか、右に回しても左に回しても、

鍵が抜けない。

いよいよあせってガチャガチャやっていると、

「ロックしたら、左に45度傾けて鍵を引っ張ると抜けますよ」

おおっ!ホントだ!簡単に抜けた!

「有難うございます。あせっちゃいました^^;」

「僕もさっきそうで、先に出た方に教えてもらいました^。^」

見知らぬ同世代の裸の会話。

なんだかスゴイ連帯感。そして感謝の気持ち。

ちょっとした一言が、人の気持ちを優しくするんだなぁ。

なんか、そんなありふれた風景だけど、

すごく豊かな気持ちになれたお風呂の出来事でした。

いつか何かで、誰かにお返しできるといいなと思います。

6月14日(月)松本さんと地元企業へ

県知事候補の松本さんと、飯田・下伊那にあいさつ回りに。

朝一番に飯田市の牧野市長へ挨拶。

その後、地元の有力企業、昼神温泉のホテル、観光関連へ。

現場のトップの意見を伺いたいという松本さんの

行動は、あった人たち全員の方から共感を受けたと思います。

長野を本当にもっとよくしたいと願うのです。

そのために、1票を持っている皆さんが、

是非選挙に行って欲しいと思います。

正しいリーダーを、皆さんの1票で選んで欲しいと思います。

6月12日(土)DDK、喬木の同年のみんなに挨拶。

第2土曜日に集まる、地元喬木の同級生の飲み会に参加しました。

久しぶりに顔を出したのにも関わらず、

みんな暖かく迎えてくれました。泣けました。うれしかった。

みんなの前で、今回立ち上がった思いを

語らせていただきました。

いま、ここで30~40歳世代が踏みとどまらないと、歯止めが利かなくなる。

いま、やるべき事をしておかなくては、20年後の世界に、責任がもてなくなる。

みんな家庭もあるし、家族もいる。

会社でも、仕事を任せられて責任ある立場になっている。

みんな必死で生きてるし、必死で戦ってる。

だから、みんなにも頼みました。

選挙に行ってくれと。

選挙に行って、投票して欲しいと頼みました。

もっともっと、議員に注文をつけていいと思います。

もっともっと、議員との距離が近くなくてはいけない。

そういう活動が出来る県知事や議員であるべきだと思います。

アメリカっぽいですね。

そういう長野であって欲しいと私は思うのです。

はじめまして。(^^)

今日からこのブログをスタートいたします。

皆さんに色んな事を伝えたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします(^^)

衆議院議員の加藤紘一さんとの対談取材の記事が掲載されました。

2009年議員会館にて取材。日本青年会議所教習所部会部会長の時。

詳細はこちら>>

矢代隆さん(第86代警視総監)との対談記事が掲載されました。

2009年、東京の交通情報センターにて取材。日本青年会議所教習所部会部会長の時。

詳しくはこちら>>

MADDJapan

当時の自民党幹事長、中川秀直さんと面談が掲載されました。
2007年社団法人飯田青年会議所理事長の時。
飲酒運転を根絶するため、インターロックシステムを自動車に標準装備する法案を、
国会に提出して下さる方向での打合せ(当時)

詳しくはこちら>>

ホームページをオープンしました。

このページでは、やざわ文建の日々の活動を綴ってまいりたいと思います。
よろしくお願いいたします。